お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

LEADERSHIP

Martin South

米国・カナダ部門プレジデント

マーティン・サウスは、1983年にミネット・グループに入社以来、30年以上にわたり保険業界においてグローバルな経験を積んできました。1985年にマーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズの英国の仲介部門であるC Tバウリング・マーシュに入社。その後マーシュUKで重要なポストを歴任してきました。

1996年にサウス氏は、ホールセール仲介部門のシニアバイスプレジデントとしてチューリッヒに入社し、2000年にチューリッヒ・ロンドンのCEOに就任しました。
2004年から2006年までの間、チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズの国際ビジネス部門のCEOとグループ・マネジメント・ボードのメンバーを務め、北米と欧州を除くチューリッヒ社の全事業を統括しました。この間、特に中国などの成長市場に重点を置いて、これらの事業の戦略とビジョンの策定にあたりました。
2007年にサウス氏は、マーシュUKのCEOとして再びマーシュに加わりました。マーシュUKのCEO在任中の2010年には、HSBCインシュアランス・ブローカーズの買収・統合を管掌しました。この買収・統合により、マーシュUKは事業を大きく拡大し、また、香港におけるビジネスの規模は倍増しました。2010年からは、サウス氏は重要な成長市場であるトルコとインドの事業も管掌するようになりました。
2012年1月、英国、アイルランド、欧州大陸、インド、トルコを含むマーシュ・ヨーロッパのCEOに昇進し、多くの高成長市場を代表する立場となりました。

サウス氏は2012年11月、新たな組織編成によって生まれた、アジア、インド、オーストラリア、ニュージーランドの17市場で構成されるアジアパシフィックリージョンのCEOに任命されました。2013年1月に、マーシュのアジアパシフィックの地域本部が置かれているシンガポールに拠点を移しました。

2016 年9 月、サウス氏は米国・カナダ部門プレジデントに就任し、ニューヨークに本拠を置き、マーシュの米国における核となる保険仲介サービス、カナダにおける事業、そして米国における事業を管掌しています。
 

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。