お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

RESEARCH and BRIEFINGS

アニュアル・トランザクショナル・リスクレポート

 


取引リスク保険に対する世界の需要が2014年に急増

 

取引リスク保険に対する需要は2014年中、急速に拡大し、マーシュ・エルエルシーが手配した保険契約の件数は36%、限度額は51%も増大しました。取引リスク保険の中心を占めるのは、表明保証(「warranty and indemnity: W&I」あるいは「representations and warranties: R&W」と呼ばれる)ですが、租税・偶発債務(不確定責任)保険も含まれます。米国や北欧諸国などの成熟したM&A市場における記録的な需要に加え、新興市場においてもこの保険に対する意識と活用が拡大している状況が相まって、このような歴史的結果となりました。

投資家と売り手がクロスボーダー取引のリスク軽減に努める中、新興市場では特に、この保険ソリューションの受け入れが進んでいます。このソリューションは現在、ラテンアメリカでも利用できるようになっており、アジアではさらに利用が拡大しています。マーシュ・エルエルシーは2014年に、マレーシア、メキシコ、フィリピン、サウジアラビアにおいて、それぞれ国内初となる現地引受の保険契約を仲介しました。

これまで同様、取引リスク保険商品を最もよく利用したのは、賠償リスクゼロでの第三者への売却実現を望むプライベート・エクイティ会社などのフィナンシャル・スポンサーでした。このトレンドの唯一の例外はアジア太平洋地域で、買収側の企業が取引リスク保険を最も積極的に活用していました。

 

レポート(英語)のダウンロードにはログインまたは登録が必要です。

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。