お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

RESEARCH AND BRIEFINGS

MMCサイバーハンドブック2018: サイバーの次なる波への視点

 


過去1年を通じて、サイバーリスクへの対応をめぐる私たちの取り組みは、重要かつ新しい転機を迎えました。サイバー攻撃者との間で繰り広げられる戦いは、ウィンストン・チャーチルの言葉を借りると「始まりの終わり」と呼ぶべき段階を迎えています。

この新たな段階は、3つの特徴で言い表すことができます。第一に、世界的にサイバー犯罪が非常に巧妙化し、違法とはいえ、それ自体が1つのグローバルビジネスとして成熟の域に達していることが挙げられます。

第二に、ほぼユビキタス化したテクノロジーにより、デジタルの世界と物質的な世界がかつてないほど結び付いているため、個々のサイバー攻撃によって、重要なビジネスプロセスや運用プロセスが壊滅するという新たな可能性が考えられます。

そして現在、具体的な形になりつつある第三の特徴は、世界的なサイバー脅威に対抗する上で政府、監督機関、法執行機関、保険業界などの各種機関の重要性が極めて大きくなっている点です。このような機関の重要性、および機関相互の連携強化に対する共通の認識があって初めて、サイバーリスクへの効果的な対処が可能になります。

以上のような状況を踏まえて、『MMCサイバーリスクハンドブック』2018年版では、サイバー脅威の環境に起こりつつある変化、規制をめぐる新たな世界的トレンド、そしてサイバー復元力(レジリエンシー)を確保するためのベストプラクティスについての知見を提供します。本書に掲載した記事は、Marsh & McLennan Companies(MMC)傘下の関連会社のビジネスリーダーおよびスペシャリストによる記事、そして社外からの寄稿によって構成されています。止むことのない深刻な脅威の中で、サイバー復元力(レジリエンシー)を確保するには何が必要なのか、このハンドブックを通じてご理解を深めていただければ幸いです。

日本語版は現在制作中です。
英語版はこちらからダウンロードいただけます。
MMC Cyber Handbook 2018: Perspectives on the next wave of cyber

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。