お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

RESEARCH AND BRIEFINGS

パンデミック(世界流行)-アジアの企業を襲う拡大する脅威への対応

 


ここ数週間のアジアにおける報道の見出しは、中国・湖北省武漢市を中心に多発している新型コロナウイルスが多くを占めました。医薬品の進歩や感染制御策の改善にも関わらず、この拡大しつつある大流行は、最近10年間における豚インフルエンザやジカ熱の流行のように、急速に曼延する疾病の危険性を改めてありありと思い起こさせます。

保健当局は、感染症の影響を拡大させないための予防・治療対策を主導すべきであるものの、企業も従業員と財務の健全性を守るための対応策の策定によって、自社のリスク管理が可能です。こうした脅威に効果的に対応するために、企業は二通りのアプローチを取る必要があります:十分に準備された戦略を確立し、保険の補償内容の見直しを行うことの二つです。

マーシュが作成した本報告書では、企業が健康危機の際に直面するであろう多くの課題を洗い出し、リスクの専門家がリスクを軽減するために取るべき独自の行動にについて取り上げています。本報告書では、ヘルスケア、教育、サービス・飲食および海運の各産業ごとに特徴のある影響を考察し、明確に定義された、パンデミックに対する段階的な対策とレジリエントな(復元力のある)事業継続プログラムを策定する必要性に焦点を当てています。

なおも拡大しつつある流行がもたらすインパクトに対して、どのように準備し、対応ができるか、弊社担当者までご相談ください。

本レポートの日本語版は現在作成中です。

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。