Report

ESGリスクを経営戦略に組み込むには

ESG(Environmental, Social, and Governance)への取り組みの必要性がかつてないほど高まっています。企業は、ESG計画を表示しなければ、保険や融資を受けられなくなるリスクを抱えるようになっており、包括的な福利厚生を通じて、より健康的でより公平な社会の実現に貢献することも期待されています。

ESG(Environmental, Social, and Governance)への取り組みの必要性がかつてないほど高まっています。企業は、ESG計画を提示しなければ、保険や融資を受けられなくなるリスクに直面することになります。また、多様な人材を惹きつける包括的な福利厚生を通じて、より健康で公平な社会の実現に貢献することが期待されています。

このような背景から、企業は透明性が確保され、かつ効果的なESGの取り組みを採用するべきです。さもなければ、ESGを優先する競合他社にリードを許してしまうかもしれません。

本レポートのハイライト

マーシュアジアが発行するレポート「ESG リスクを経営戦略に組み込むには」は、企業が低炭素化への移行に取り組み、環境、社会、ガバナンスへの配慮を経営戦略に組み込むことで、どのようにレジリエンスを構築し、競争力や資本力の優位性を獲得するかなど、アジア地域に特化した ESG に関する洞察を提供しています。

レポートの内容

  • アジアの企業とそのESGへの取り組みに関する最新の統計・データ
  • 気候関連財務情報開示のためのタスクフォース(TCFD)に準拠するためのステップ
  • 人材に関わるリスクに対処することで企業が得られるもの
  •  事業継続計画(BCP)とテクノロジーリスクの管理における重要な要素
  • ESG評価とリスクマネジメントの重要な要素

アジアにおけるESGリスクとその解決策を理解することにより、企業は明確な目的を持って行動を起こせるようになります。すなわち、ESGリスクの全領域を把握して理解し、ESGのエクスポージャーとパフォーマンスに関する財務影響評価を行い、企業リスク管理の枠組を注視すべきESGリスクと統合し、外部報告の要件を満たすことができるようになります。

マーシュアジアのレポート「ESGリスクを経営戦略に組み込むには」をダウンロードして、レジリエンスのある未来に向けて組織を準備しましょう。

ご質問やご意見、さらに詳しい情報をご希望の方は、こちらまでご連絡ください。

 

Report

ESGリスクを経営戦略に組み込むには