情報・通信・IT

リスク分析と洞察を通して、企業のリスク評価とリスク管理に寄与し、事業また企業活動を阻害する要因を最小化します。

通信・メディア・テクノロジー(CMT)企業におけるリスクマネジメント体制の構築は、事業の持つ性質上リスクが高く、また利害関係が複雑に交錯していることから、非常に困難な課題となっています。様々な企業がCMT企業のサービスに依存しているため、事故やシステム障害発生時に顧客事業へ連鎖的影響を及ぼす可能性も大きいと言えるでしょう。

ハイテク化が進み、新たなイノベーションが絶え間なく生まれているCMT業界は、ビジネス環境の変化も著しく、市場で勝ち残るにはビジネス機会を逃さない行動力だけでなく、それと同時に、変わり行くリスクを適切に把握、管理することにかかってきます。現在、情報セキュリティ侵害やサイバーのリスクは増大の一途をたどっています。新たなメディア媒体や、コンテンツ配信方法の登場とともに、メディア・コンテンツ業務に係る損害賠償請求が急増しています。

サプライチェーンの障害は、ハードウエアやソフトウエア、各種コンテンツの流通を阻害する恐れがあります。また、通信業界と放送業界の相互参入や提携など、市場が再編されつつあり、サプライチェーンが今後更に複雑化されることも予想されます。

マーシュ ジャパンでは、マーシュと連携のもと、リスク評価ツールやデータ、分析、テクノロジーを活用して、お客さまがリスクを認識し、管理するための支援を行います。また、当社は、こうしたツールと損害事故や保険金請求に関するデータベースを用いて、リスクの定量化、順位付けを行い、、保険市場にアクセスする際に適切なリスク情報を提供します。そしてそれぞれの企業のリスク特性に合致するように、テーラーメイド型の補償を提案します。マーシュのCMT業界に精通したスペシャリストの知見は、顧客のビジネス成長に貢献できるでしょう。

メリット:リスクとその管理に係る明確な理解と、リスクに係る事業コストの最適化、損害発生時の弾性・安定性の向上。

私たちの専門性