お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

製造&自動車

製造・自動車業界の発展、および技術の革新に伴い、多くの従来型リスクと新興リスクがさまざまな課題をもたらしています。

技術革新を伴った「自動車産業界」の発展は新たなビジネスチャンスをもたらす一方で、従来型のリスクと新しい複雑なリスクを絶えず生み出しています。

市場の変化における課題はITシステムの発展により製品のリコールリスクが高まることです。つまり製造過程におけるITシステムの役割が増大し、人に代わってコンピュータが制御するようになることにより、サイバーリスクと賠償責任リスクは増加傾向の一途をたどっています。さらに、規制当局は課題を提示し続け、世界的なサプライチェーンは政情不安に左右されています。

マーシュ ジャパンの製造・自動車関連リスクのスペシャリストは、保険会社の代理人として、お客さまがリスクを乗り切るための方向性を業界トップクラスの分析力を活用しながら提示します。分析を通じて業界の現状と課題を把握し、確かな意思決定と競争力をもたらします。

メリット:当社はトータルリスクコスト(total cost of risk: TCOR)の削減によって、お客さまのバランスシートの保護や事業ボラティリティの低下、最終損益の改善に貢献します。

当社の「自動車業界」リスクのスペシャリストはお客さまのリスクに対するトータルコスト(保険料に加えて、保険手配されていない自己保有予想損害額やリスクマネジメントに関わる費用を加えたもの)の減少、バランスシートの安定、事業における不安定要素の低減、そして収支決算の改善に役立ちます。

自動車部品・原材料サプライヤーにおけるリコールへの備え

近年、国際的に消費者保護を目的とした法整備が進む中、製品や食の安全に対する意識が年々高まってきています。また、企業のブランドイメージ保護の強化により、リコールの発生頻度は増加傾向にあります。

特に技術革新、電子化、自動化が進む自動車業界では、使用する部品の共通モジュール化により、リコール実施の際、対象車種やメーカーの範囲が広くなります。これは、万一自社製品に問題が発生した場合、大規模なリコールリスクが供給メーカーに波及することを意味します。自動車業界への製品・部品・材料供給の増加が見込まれる日本の製造業にとって、このリコールリスクへの備えは企業活動の生命線にも関わる大きな課題と言えます。リコール保険を活用することによってリスクを最小化し、万一発生した場合でもいち早く事業復旧、信頼回復へのスタートを切ることが出来るでしょう。続きを読む

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。