建設

建設業界には安全性、工期、完了、収益性に影響を与える複数のリスクが存在しています。マーシュのコンストラクション専門チームは、お客様ごとにカスタマイズしたリスクおよび保険ソリューションを提供します。

建設業界はグローバル経済に不可欠な産業であり、この業界の活動は途絶えることなく続いています。既存のインフラの更新や新しいインフラの構築は常に需要が存在しています。しかし、建設サイクルは社会経済的要因によって左右されることが多く、不安定でもあります。建設会社は、現在および今後、新たに発生するリスクや課題を認識し、その変化に迅速に対応する必要があります。

デジタル化や、ESGの要素である気候変動リスク、建設コストの上昇、サプライチェーンの溢路ESGは、最近の建設会社のリスクプロファイルを形成している課題の一部です。それらの影響をしっかりと理解することで、組織としての保有、管理、転嫁のニーズのバランスがとれたリスクマネジメントフレームワークの設計が可能になります。

マーシュは グローバルに1,200 名を超える建設業界のスペシャリストを擁し、世界各地におけるお客様の建設プロジェクトを支援しています。また、正確なリスク評価、不確実性の最小化、そして安全の確保をビジネスの成功要因として取り入れながら30年以上にわたり企業をサポートしてきました。

マーシュは、お客様が直面する課題に応じた建設に関連するリスク・保険戦略の作成をお手伝いします。お客様の戦略目標に合致し、資本が最適化され、また将来にわたりお客様のビジネスが守られるプログラムの設計および導入のお手伝いをします。

よくある質問

建設業界のリスクは大きく以下のカテゴリーに分類することができます。

  • 財物損壊:異常気象、火災、爆発、破壊行為、盗難など
  • 第三者リスク:第三者への身体傷害および物的損害、環境への影響
  • 設計:過失、遅延、利害関係者からの突然の変更要求
  • 外部要因:規制、税法、マクロ経済変数、否定的な世論
  • コンプライアンス:許可の失効、不適切な申請、または現地当局に提出された不完全な文書
  • プロジェクトマネジメントと組織の問題:従業員の経験不足、サプライチェーンの問題、安全管理、スケジュールの矛盾、遅延、コスト超過
  • 契約上の義務:期待される品質水準への未達、不適切な原材料の使用。

リスクの特定、分担、および管理は、プロジェクト構想初期からプロジェクトの商業的実現性を決める競合要因の分析とともに開始する必要があります。

特定のリスクについて誰が負担し管理するのが最適であるかを決めるリスク分担プロセスは通常プロジェクト利害関係者間で行われます。

潜在的な規模、財務的影響、損失の頻度に従って優先順位が付けられます。管理できないリスクは、契約の最終条件に組み入れられます。

プロジェクトのリスクを確実に特定し管理するためには、高度な分析と計画が必要であると同時に、すべてのプロジェクト関係者がプロセスを認識し、関与する必要があります。

明確に文書化された手順、安全手順、およびリスクレジスターは、どのようにリスクが管理されるかを把握し、詳述するために使用されます。

マーシュのリスクマネジメントスペシャリストは、お客様のプロジェクトリスクに適した保険およびリスク軽減方法を見つけるお手伝いをします。

すでに財物や賠償責任に関して包括的な保険を手配済みだったとしても、通常これらは設計段階、建設段階を問わず、停止中の建設プロジェクトには適用されません。個人での投資、または組織としての投資だとしても、建設プロジェクトに金銭的利害関係があるのであれば、少なくとも一定レベルの建設工事保険による補償が必要となります。

建設工事の請負契約では身体障害や財物損壊に対応する保険を手配することが一般的に求められます。

上記以外に、プロジェクト遅延が発生した場合、金銭的利害関係者は財務的損失の補償を必要とすることがあります。この財務的損失を補償する保険では、操業段階への移行が遅れたプロジェクトからの予想収益の損失、または建設にかかる債務の返済にかかるコストなどをカバーします。

その他さまざまな保険補償により、輸送、汚染、設計、その他プロジェクトに係わるリスクに備える様々な保険があります。

この分野のプロフェッショナル

Image placeholder

廣瀬 晴信

マーシュ ブローカー ジャパン

Image placeholder

内山 信彦

マーシュ ブローカー ジャパン