運輸・物流

マーシュは従来の物流形態のみならず新たな物流手法に対しても、データ、分析、市場に関する洞察を駆使し、お客様がリスクを軽減し、効果的なリスク移転戦略を実行できるように支援します。

加速するグローバリゼーションとデジタル化により、運輸・物流業界は大きく変貌を遂げました。

技術革新は新たな成長機会を創出しましたが、同時に競争環境も変えてしまいました。企業は今、サイバー攻撃、訴訟、規制の変更、新しい製品やサービスの出現、新興企業やその他の新規参入企業との競争の激化に適応しなければなりません。

また、人件費、燃料費、その他のコストが上昇し、同時に保険料の価格変動も激しくなっています。このため、運送会社には、動的なリスクを管理しながらコストをコントロールすることが一層求められています。

500 名を超える輸送のスペシャリストで構成されるマーシュのグローバルチームは、資本とリスクに関する専門知識を提供し、お客様のビジネスがこれらのリスクをよりよく理解し、優先順位をつけ、管理できるよう支援します。コンサルティングを通じて、私たちはデータ分析によって、お客様がトータルコストオブリスクを効果的に管理し、業界標準を維持し、競争力を保つことができるよう支援します。

私たちの専門性

よくある質問

輸送 貨物保険は、被保険者の財産 財物がある場所から別の場所に輸送されている間、その財産 財物を補償するものです。企業がリスク管理計画を策定する際に考慮すべき保険には、以下のようなものがあります。

  • サイバー保険:サイバー攻撃による損害を補償する保険で、保険金や条件は購入する保険によって異なります。
  • 一般賠償責任保険:第三者からの物的損害や傷害の賠償請求に備える保険です。
  • 労働者災害補償保険:業務上の事故により従業員が病気や怪我をした場合、経済的な影響をカバーすることができます。仕事の種類にもよりますが、米国のほとんどの州では、労災保険の加入が義務付けられていることが多く、他の国でも同様の保険があり、義務付けられている場合もあります。
  • 財産保険:火災、暴風雨、その他の原因により、車両、オフィス、在庫などの物的財産に損失や損害が発生した場合の復旧費用をカバーする保険です。

運送業におけるリスクマネジメントの最も効果的なアプローチは、上記の例のような一般的な保険カバーに加え、貨物の種類や人の輸送の有無に合わせたテーラーメイドの特別な保険に加入することです。

車両を保有する企業が加入すべき保険の種類は、以下の通りです。

  • 人身傷害保(対人賠償):事故による怪我や死亡を補償する保険で、お客様に責任がある場合に適用されます。また、訴訟費用などの補償も含まれます。
  • 物的損害賠償責任(対物賠償):車両や運転手が他人の所有物に損害を与えた場合、このタイプの保険で修理費をカバーするのが一般的です。
  • CSL(Combined Single Limit)補償:対人・対物賠償の両方が1回の事故で発生した場合、このタイプの保険でカバーされます。
  • サイバー保険:サイバー攻撃を受けた場合に補償を受けることができる保険です。

フリート保険の要件は、賠償責任に重点が置かれています。しかし、お客様の日常業務の内容によっては、物的損害、無保険車、衝突などの補償も検討されることをお勧めします。