日本進出の外資系企業向けサービス

多国籍企業が抱えるリスクを顕在化させ、そうしたリスクに対応するためのプログラムを考案すると同時に、グローバルベースで管理するための統制の取れた、継続的なサービスを提供します。

マーシュジャパンは、海外発のグローバル保険プログラムの日本国内における保険証券発行に対する支援(英文証券の内容説明、保険料集金、事項対応等)の他、日本特有にニーズに伴う、フロンティング(現地発行)保険証券の手配や地震をはじめとする日本特有のリスクの現地(ローカル)証券により確保等、個別のニーズを解決しています。各国の保険関連の法律や規制に準拠して設計された多国籍企業向けグローバル保険プログラムの日本における運営を支援します。また、当社は乗合代理店として、日系企業向けに日本発のグローバル保険プログラムの設計・手配を行っています。

国際的な貿易取引が発展する中で、各国に存在する独自のルールや商習慣は、保険市場やその規定作りに複雑な分断をもたらしています。また、企業に課せられる責任、現地規制やガイドラインは各国ごとにそれぞれ異なるため、多国籍企業における財物/賠償責任リスク、ポリティカルリスク、取引信用リスクなどへの対処方法も複雑になっています。

当社は、グローバルな知見と経験を活かし、日本で操業する外資系多国籍企業、海外進出する日系多国籍企業双方の保険戦略についてアドバイスします。また、グローバル保険プログラムの効果の明確化、運営の障害となるポイントの改善を行い、経済合理性のあるリスクマネジメントの導入・運用を支援します。

マーシュは、ルール・オブ・ザ・ロード(Rule of the Road)という独自の基準を設けています。これは多国籍企業におけるリスクの一元管理を効率的かつ適切に実行することを目的とし、世界中どこでもグローバル保険プログラムや各国保険証券に関するサービス、継続的な保険プログラムの管理・運営プロセスを提供するための基準であり、わたしたちは各国の保険関連の法律や規制を順守してサービスを提供します。

複数の国で事業展開する場合、マーシュでは下記の項目についてサポートしています。

  • ビジネス上の新たな課題への迅速な対応・解決
  • 現地付保規制の把握
  • 十分な情報に基づいた意思決定、コスト・補償内容に関するより実務的な検証
  • 保険プログラムの管理とコストの最適化

私たちの専門性