M&A、投資ファンド、表明保証保険

M&Aは、新規事業の立ち上げや事業の多角化・国際化などの経営戦略を実践するうえで有効な手段である反面、ターゲット企業に内在するさまざまなリスクへの対処を誤ると、買収後に大きなトラブルを抱え込むことにもなりかねません。

資本の有効活用や事業成長の加速を追求する企業の多くは、M&Aを重要な戦略の一つとして位置づけています。しかし、M&Aに伴うリスクを適切に把握し対処することは容易ではなく、特に新たな市場や業種への投資においては難しい作業となるでしょう。そのようなリスクに対応するためのツールとして、表明保証保険(レプワラ保険という呼称もあり)の活用が脚光を浴びています。

表明保証保険は、90年代に誕生し、それ以降欧米で発展を遂げ、現在では世界中のM&A案件で活用されるようになりました。日本企業による表明保証保険の利用も増加してきており、2015年頃まではクロスボーダー案件での利用が中心でしたが、2019年頃からは国内案件での利用も見られるようになりました。但し、表明保証保険の引受審査は、外国人のアンダーライターにより行われるため、英文の資料をベースに、英語で質疑応答が行われ、証券も英文であるため、これらが日本企業への普及のネックになっていました。

そのような中、2020年以降は、国内の大手損害保険会社4社より、国内M&A取引向けの表明保証保険(国内M&A保険)が発売されています。国内M&A保険の一番の利点は、引受審査が全て日本語で行われるという点です。また、当然のことながら保険証券も和文で発行されます。

マーシュジャパンのプライベートエクイティおよびM&A部門(PEMA)は、企業、プライベートエクイティなどを含む投資ファンド、金融機関、インフラ投資家向けに、M&Aのリスク管理に有効なソリューションを提供しています。表明保証保険、国内M&A保険の取り扱いに加え、以下のソリューションについてもワンストップで提供が可能です。

  • リスク・保険デューデリジェンス(英語対応も可能)
  • 環境賠償責任保険・租税債務保険の取り扱い
  • クロージング後の損害保険・福利厚生保険プログラムの提案と取り扱い

マーシュ ジャパンPEMAはM&A取引における潜在的なリスクを洗い出し、分析することによって、リスクの管理を適正に行いながら取引がスピード感をもって実行されるよう、必要に応じて海外のチームと連携しながら、経験豊富なスタッフがお客さまをサポートします。