財物リスク

財物リスクには様々な形態がありますが、積極的にリスクを最小化することで、最悪の事態が発生したときに企業を守ることができます。マーシュのスペシャリストが、リスクの洗い出し、分析、優先順位付け、そして損害保険とリスクマネジメントプログラムの最適化について、お客様をサポートします。

火災による建物の損害、自然災害、サプライチェーンの途絶など、財物リスクは多岐にわたります。これらのうち、財物損害を引き金とする事業中断(BI)事故は、最悪の損失シナリオを引き起こす可能性があるため、リスクを最小限に抑え、迅速に回復するための強固な計画を持つことが重要です。

マーシュのプロパティリスクアドバイザーは、お客様がこれらのリスクを把握し、管理することにより、最も重要なこと、つまり本業に集中できるようサポートします。私たちはお客様のあらゆる財物リスクおよびBIリスクを包括的に捉え、総リスクコストを削減し、レジリエンスを向上させるための強固な基盤作りをお手伝いします。マーシュによるサポートは、単に損害保険を購入にとどまりません。リスクマネジメントのアプローチによって、安心感と競争力をもたらすべく、お客様をサポートします。

よくある質問

常に変化するリスクの状況と最近の出来事から、企業が直面する重大な財物リスクと関連するリスクが浮き彫りになっています。洪水や山火事の頻度や被害の増加など、天候や気候変動のリスクは、依然として上位に挙げられています。また、世界各地で内乱や政情不安が高まり、被害を受けた都市や国々では甚大な物的損害が発生しています。新型コロナウイルスによる感染症の大流行により、多くの企業が製造、流通およびサービスに支障をきたし、サイバーセキュリティの侵害により制御システムの乗っ取りも発生しています。

財物リスクマネジメントは、財物の損失やそれに関連する事業の中断に影響される企業に、安心と安全を提供します。知識豊富な専門家が、財物リスクを回避、コントロール、移転、管理するための適切な対策をとれるようにサポートすることで、お客様は本業に集中することができます。さらに、これらのアドバイザーは、幅広い業界動向やベストプラクティスを常に把握しているため、補償やリスクマネジメントを俊敏に行うことができます。

適切な戦略を確立するための鍵は、現在のプログラムの有効性のレビュー、プログラム構造、条件、保険料の最適化、そしてプログラムの革新の可能性と実施すべきベストプラクティスの追求です。

物的損害は、人為的な事象、悪天候や自然災害、サイバーセキュリティ侵害、破壊行為などによって発生する可能性があります。具体的な誘因となる事象の補償範囲や管理戦略は、お客様のリスクプロファイルや所在地、保険会社が提供する保険内容によって異なります。

財物リスクマネジメントには、財物リスクと事業中断リスクに対する保険の最適化だけでなく、財物の調査、防火エンジニアリング、損害調査や分析、財物の再調達価額評価などが含まれます。

マーシュは、技術的な分析、プログラムの革新、市場への洞察力をもって、お客様の潜在的な財物のリスクを洗い出し、適切に管理できるよう支援します。アドバイザリー、ロスコントロール、クレームのスペシャリストは、各課題に対応するグローバルチームそして業界をリードするキャタストロフィ・モデリング機能を駆使し、お客様の財物リスクマネジメントプログラムの指標を作り、補償と損失軽減策のギャップを特定することで、お客様の財産の保護と損失からより迅速に回復するための戦略の実行をサポートします。

この分野のプロフェッショナル

Image placeholder

生頼 昌人

マーシュ ブローカー ジャパン

Image placeholder

浦島 裕美子

マーシュ ジャパン