海外進出日系企業向けのサービス

日系企業の海外現地法人のニーズに応えるための専門組織として、リスクマネジメントの導入・実践を支援しています。

ジャパンクライアントサービス(Japan Client Services/JCS) は、日系企業の海外現地法人のニーズに応えるためのマーシュの専門組織として1985 年にニューヨークで発足しました。その後、ヨーロッパ、アジアにもネットワークを拡充し、JCS USA、JCS EMEA(注1)、JCS Asiaの三極体制でサービスを展開しています。2006年に業務の中心拠点を東京に移しました。

マーシュのプラクティスのひとつとしてグローバルに展開するJCSは、世界各国の約500 名の日系ビジネスのスペシャリストを配置し、主要都市には日本人駐在員をはじめ日本語での対応が可能な態勢を構築しています。日本語と現地語のスキルを持ち、各地の商慣習や保険事情に精通したJCS のスペシャリストがお客さまの日本本社と連携し、海外現地法人における経済合理性のあるリスクマネジメントの導入・実践を支援しています。

マーシュ ジャパンそして世界主要都市のマーシュの拠点を活用しながら、日系保険会社と海外保険マーケットを最大限に活用したリスクソリューションのひとつとしてグローバル包括保険プログラムを設計・運営しています。

(注1)Europe, Middle East and Africa

JCSのサービス分野

  • 貿易およびロジスティックス
  • セミコンダクターおよび電気通信
  • 銀行、証券およびその他金融サービス
  • 自動車メーカーおよびそれらの協力企業
  • 医療および医薬品
  • 化学および工業材料
  • 消費材/消費者製品
  • 工業機械および電子技術
  • 金属
  • 建設およびインフラ産業

私たちの専門性