海外進出日系企業向けのサービス

日系企業の海外現地法人のニーズに応えるための専門組織として、リスクマネジメントの導入・実践を支援しています。

ジャパンクライアントサービス(Japan Client Services/JCS)は、海外進出を進める日系企業の各種保険手配、リスクマネジメントを支援する専門組織として1985 年にニューヨークで発足。その後欧州、アジア各国にもネットワークを拡充し、主要都市には日本人駐在員をはじめ日本語での対応が可能なスタッフを配置。2006年からは全世界のネットワークを東京より統括しています。

現在約600名の日本語および現地語でそれぞれの商習慣や保険事情に精通したJCSスタッフが、マーシュ社内のみならずクライアント日本本社及び各国と密に連携し、クライアントのニーズに合致した保険プログラムおよびリスクマネジメントの導入・実践を支援しています

私たちの専門性