アジアクライアントサービシズ

海外投資は、各国の慣行や商習慣を深く理解し、リスクに対処してグローバルに展開することが必要です。

グローバル展開に向けたレジリエンスの構築

アジアの多国籍企業(MNC)は、大きな成長と投資の機会が世界中にあります。フォーチュン・グローバル500社のうち、アジア地域に本社を置く企業は42%を超え、2010年の29%から増加し、世界におけるアジア地域の企業の競争力が高まっていることを示しています。UNCTADの2020年のデータによると、日本、中国、韓国、台湾、インドからの対外直接投資(FDI)は合計で5兆4000億ドルを超え、2010年の1兆6000億ドルの3倍以上となりました。

これらのFDIsの中心は、主にインフラ開発、重工業、自動車、最先端の製造業です。例えば、中国は一帯一路構想に1兆ドル以上を公約し、プロジェクトと投資機会は3兆7,000億ドル以上と言われています。

複雑な世界の状況

これらのビジネス機会に関心を持つ企業は、多様な地政学、規制の枠組み、文化、そして言語・通訳のニーズに首尾よく対応することが求められます。これらの課題は、現地の購買慣行や調達基準への適切な判断と合わせて、複雑な状況を作り出しており、事業展開には高度なデータ主導のリスクマネジメントのアプローチが必要です。海外支社において、このような課題への対応は万全ですか?

マーシュのアジアクライアントサービシズがお手伝いできること

マーシュのアジアクライアントサービシズは、日本、中国、韓国、台湾のお客様をそれぞれ担当するサービスチームから構成されており、お客様のビジネスの成功を後押しするような専門知識に基づく支援を提供しています。

200名以上の専門家からなるグローバルネットワークは、現地の商慣習を理解し、専門知識と経験を備えています。

  • リスクマネジメントの専門家が、お客様の国や地域の担当者と同じ言語で、お客様独自のニーズを把握します。
  • ご本社が主導し、お客様のレポートラインに沿って、ご本社から海外のオペレーションまでシームレスなサービスを提供します。
  • Marsh Global Connectポータルにより、お客様のリスクプロファイルの管理ニーズに対応した グローバルガバナンスと監視を実現します。

リスクマネジメントと保険に関する専門知識により、複雑な問題を簡素化します。

  • 技術的な専門知識を持つ世界各地のマーシュの専門チームが、現地法人の役員をサポートします。
  • 保険金請求の専門知識 - 保険金請求のプロセスにおいて、保険約款に関するアドバイスおよび保険金請求を支援します。
  • リスクマネジメントとリスク軽減のためのデータ主導型アプローチを可能にします。
  • 保険会社との交渉力を活かし、適切な保険料、幅広い補償範囲、柔軟な保険手配を実現します。

マーシュによる無料コンサルティングをご希望の方は、ぜひご連絡ください。

私たちの専門性

この分野のプロフェッショナル

Image placeholder

森田 達也

マーシュ ジャパン