製薬、ライフサイエンス、医療機器

ライフサイエンス企業は、世界に大きな変革をもたらす可能性を持つ一方、その成功は新たなリスクと従来型のリスクを適切に管理できるかにかかっています。マーシュのスペシャリストは、レジリエンスと競争力を高めるリスク戦略により、お客様の経営目標の達成をサポートします。

ライフサイエンス企業は、創薬、開発、商品化のプロセス全体を通じて、高いリスクに晒されるなど、業界特有の課題に直面しています。世界的に規制が厳格化される中、コンプライアンス遵守は日々の企業活動の最優先事項であり、違反に対する罰則は経済的なものにとどまりません。ライフサイエンス企業の業務はその大部分が人の健康に関わるものであるため、信頼および風評の管理はリスクマネジメントプランの重要な側面なのです。

ライフサイエンス企業を取り巻くリスクは、さまざまな側面から生じます。規制措置や知的財産に対する訴訟、製造物責任に関する保険金請求、サイバー攻撃による情報窃盗やサプライチェーンの混乱など、ライフサイエンス企業には、リスクを最小化するための強固な戦略と、起こり得る事態に対処するための堅実な計画が必要です。

マーシュのライフサイエンス部門は、製薬、バイオテクノロジー、医療機器/医療用品、研究・開発受託機関などを対象に、顧客のニーズに合致したリスク関連ソリューションの開発を支援します。

私たちの専門性

よくある質問

ライフサイエンス企業は、多くのリスクに晒されています。特に新型コロナウイルス感染症で経験したような重大な局面で、ヒトや動物を対象とした研究や治療に関わる企業は高いリスクと常に背中合わせの状態だと言えるでしょう。厳しい規制が適用されるライフサイエンス業界では、法令違反のリスクは企業の経営陣にとって最も憂慮すべき課題であることは言うまでも有りません。

企業間の競争と知的財産に関するリスクは、ライフサイエンス業界も無関係ではありません。医薬品などの研究開発には莫大な費用を要するため、重要な研究成果などの企業秘密の漏洩や不正行為の申し立ては、企業にとって大きな痛手となる可能性があります。現在、企業を保護するために知的財産権に関する規制が設けられていますが、法律は常に改正に向けて動いており、こうした動きが自社の収益に及ぼす影響につい把握しておく必要があります。

リスクマネジメント・アドバイザーは、ライフサイエンス企業を取り巻くリスクの評価、定量化、軽減に効果的なサポートを提供します。特に戦略的リスクコンサルティング、サプライチェーンマネジメント、臨床試験リスクマネジメント、事業継続や危機管理計画などは重要なソリューションおよびサービスとして挙げられます。ライフサイエンス企業の業務は多岐にわたり、繊細な側面もあるため、社内外の関係者だけでなく業界全体を俯瞰して見ることのできるマーシュのようなアドバイザーの知見を得ることが有効です。保険仲介からアドバイザリーおよびリスクマネジメントサービスに至るまで、包括的なアプローチでテーラーメイドのソリューションを提供することにより、企業の安定と成功をもたらし、安全性と収益の追求に集中する体制づくりを下支えします。