教育機関

急速な変化や予測不可能な環境下で成功するために、教育機関は様々なリスクを評価し、優先順位をつけ、管理する必要があります。マーシュのスペシャリストは、教育機関のブランド価値や収益に影響する可能性のあるリスクに対するレジリエンスを向上させるための戦略立案をサポートします。

世界中の教育機関は、様々な課題やリスクに直面しています。近年の新型コロナウイルス感染症の流行により、将来への不安がさらに高まり、多くの教育機関は既存のビジネスモデルや教育モデル、そしてそれに伴うリスクを見直す必要に迫られています。伝統的な損害賠償リスクだけでなく、入学者数、遠隔教育、サイバー、キャンパスの安全性などのリスクは多くの教育機関にとって大きな懸念事項となっています。

リスクマネジメントは、このような不安定な状況を乗り切るための鍵であり、急速に変化する世界で、強力なリスクアドバイザリーチームを持つことが大変重要です。マーシュエデュケーション部門は、教育環境とその独自のリスクを理解しています。社会や政府からの理事会の説明責任に対する要求が高まる中、これらのリスクが適切に対処されない場合、ブランド価値や収益性、さらには存続の可能性さえも損ねる可能性があります。

マーシュのダイナミックなリスクマッピング技術に基づいたリスク評価力と、リスクマネジメントコンサルティング手法は、教育機関のファイナンスおよびオペレーショナルリスクに対し、ベンチマーキング、リスクの定量化および管理を支援します。

よくある質問

進化を続ける今日の教育環境において、教育機関は以前にも増して多様なリスクに直面しています。従来、教育機関は、施設の運営費、教育の健全性、キャンパスの安全性、終身雇用の決定などの人員配置といったリスクの管理をしなければなりませんでした。

オンライン学習や分散型キャンパスへのシフトは、新型コロナウイルス感染症の流行以前からすでに起こっており、対応の必要性はさらに加速しています。このような変化に伴い、教育機関にはサイバーセキュリティ、遠隔教育の完全化、入学者数の維持など、これまでとは異なるリスクや課題が発生しています。

教育機関が直面しているリスクは、自力で管理できるものから、リスクアドバイザーの助言を受けて管理すべきものまで様々です。教育機関のリスクは、適切に対処しなければ、教育機関のブランド価値や収益性を損ねる可能性があります。

リスクを管理するには、常に事故防止策の実施が一番です。リスク防止戦略の策定には、リスクの特定と定量化が必要です。すべてのリスクを防止することはできないので、それ以上に、危機対応計画を作成することが重要です。

リスクの特定と定量化は、理想的には内外のステークホルダーと適格なリスクアドバイザーを巻き込んだ議論を行うべきです。リスクの優先順位付けに関する議論において客観的な視点を持つためには、教育機関内のリスクのデータ収集に関する専門性や知見が必要となります。昨今のリスクアドバイザーは、データの収集と分析において高度なリスク評価ツールを使用することによってより効果的なリスク定量化の支援を行います。

リスクアドバイザーは通常、教育機関の様々なリスクに関するデータを収集・評価し、優先順位付けをサポートします。また、グローバルな学術界の状況における全体像や、新たなリスクに関する洞察を提供することができます。さらに危機の際には、リスクマネジメントの専門家はその経験を活かし、効果的な解決手法を明示・提供することが可能です。

この分野のプロフェッショナル

Image placeholder

原 智昭

マーシュ ジャパン

Image placeholder

平賀 暁

マーシュ ブローカー ジャパン