賠償責任

多くの組織にとって、賠償責任による損害はトータルリスクコストを左右する大きな要因です。複数の分野と専門分野に及ぶマーシュの損害賠償リスクのスペシャリストが、リスクの分析、コスト削減機会の洗い出しと優先順位付け、賠償責任保険とリスクマネジメントプログラムの最適化を支援します。

賠償責任保険の補償範囲は、非常に幅広い損害および賠償責任リスクに及び、トータルリスクコストを左右する主要な要因の 1 つです。ここ1年の間、多くの保険商品種目で保険料率が上昇を続け、世界的なパンデミックにより当該リスクの免責条項が付帯されている環境下において、賠償責任関連のリスクマネジメントの機能向上の動きが高まりました。

このような動きを考えると、適切で効果的な賠償責任保険プログラムを構築するには、データに基づく、業界/組織に固有のリスク洞察、および損害保険と市場に関する専門知識が必要です。

マーシュの経験豊富な賠償責任リスクアドバイザーが、お客様に最適な賠償責任保険をお手伝いします。私たちマーシュは賠償責任リスクの範囲と過去のプログラムを考慮して、お客様の資産と収益への影響を軽減するために、これらのリスクの管理、軽減、移転を支援する革新的な方法を模索します。

よくある質問

賠償責任保険とは、自動車保険、労働者災害補償(該当する場合)、酒類関連の賠償責任、製造物責任など、さまざまな種類の保険が提供する補償を表す包括的な用語です。賠償責任保険の範囲は非常に広いため、理解するのが難しい場合があります。基本的な前提として、第三者の財産に対する損害または被害、および他人に対する責任をカバーする保険契約の多くが、賠償責任保険に該当します。

賠償責任保険の対象となるものの例としては、第三者の物的損害(強盗によるものなど)、車両被害または全損、労働者災害補償(該当する場合)、および企業に対する賠償責任請求があります。これらの賠償責任請求には、店舗やレストランでの転倒・転落事故から、製品の使用に起因する損害、または傷害の請求まで、あらゆるものが含まれる可能性があります。

賠償責任リスクに対応する保険には多数の種類が存在するため、すべての種類の保険を列挙するのは困難です。

ほぼすべての成人および企業が、何らかの形態の賠償責任保険を必要としています。ほとんどの国では、自分が所有する自動車について、または少なくとも事故発生時に他人に生じた損害もしくは傷害に対して、自動車所有者に何らかの保険を義務付けています。企業(特に店舗やオフィスなどの物理的な建物が存在する企業、従業員を雇用している企業、製品を製造している企業)のオーナーは、賠償責任保険が必要です。

トータルリスクコスト(Total Cost Of Risk:TCOR)とは、簡単に言うと、リスクおよび発生した損害を管理するための包括的なコストです。TCOR の構成要素には、管理コスト、リスクマネジメント戦略の策定と導入に関連する費用、無保険による損害など、組織のリスク関連業務のあらゆる側面が含まれます。

TCOR には、次の 5つの広義のカテゴリがあります。

  • 保険料:保険会社へのリスクの移転に伴うコスト(手数料を含む)

  • 保有損害額:保険金の免責金額を含む、保険金が請求されるすべての損害額

  • 保険請求の管理費用:社内外のリスクマネジメントに係るコスト

  • 担保の費用:免責プログラムで定められた義務を果たすためのコスト

  • インプライドリスク:現時点で認識していない変動性に対するリスク

この分野のプロフェッショナル

Image placeholder

岩屋 美紀

マーシュ ブローカー ジャパン

Image placeholder

生頼 昌人

マーシュ ブローカー ジャパン

Image placeholder

山口 裕介

マーシュ ジャパン