アナリティクス(リスクの定量化分析)

データ、アナリティクス、テクノロジーを組み合わせることにより、リスクに対するビジネス上の意思決定や全社的な目標の一元化に功を奏す包括的なアプローチが可能になります。

世界中の企業が、将来の事業目標に重大なインパクトを与える可能性のある複雑なリスクの影響を感じています。変化の激しい環境の中で、ビジネスリーダーには、リスク管理や、資本配分、さらには成果を達成するために、過去の分析に基づく見解や、より精緻な分析が求められています。そのためには先を読む力が必要なのです。

マーシュが展開するマーシュグローバルアナリティクスは、データ、分析、テクノロジーを組み合わせて活用することにより、お客さまの企業規模を問わず、あらゆる業界で、リスクファイナンスの定量化と管理を実現しています。

マーシュは、保険金請求、エクスポージャー(リスクに晒された状況)保険を活用したリスクソリューションに関して、さまざまな業種、企業規模、(地理的)地域、製品を網羅するデータを有しています。そのデータを活用することにより、将来を見据えた包括的な設計を行います。そして、状況に応じて臨機応変に、リスクファイナンスのオプションを探り、最適のリスクファイナンス・ストラクチャーを決定し、リスクを軽減するための投資を実行することができるようになります。

マーシュ ジャパンは、マーシュアナリティクスプラットフォーム(Marsh Analytics Platform/MAP)を通じて、先進的な分析内容を提供します。MAPは、リスクの予測とお客さまそれぞれに合わせて構築された財務状況の表示を一体化して、保険対応が可能なリスクと保険ではカバーできないリスクの双方の分析と測定を可能にします。

メリット:確信の持てる戦略的なビジネス上の意思決定と、資本の最適化を実現することで、新たな機会を創出し、事業の成長を図ることができます。

私たちの専門性