ホスピタリティ

マーシュはお客様のホスピタリティビジネスの事業拡大の時も不確実な時もリスクコスト全体を削減し、より戦略的なビジネス決定ができるようサポートをします。

観光客の増加やグローバル化により、ホスピタリティ市場は拡大しています。

現在、旅行規制が定期的に変更される中、ホテルやレストランは需要の偏り、キャパシティーの制限、そして先行きが不透明な状況が続き、予算編成や財務計画の立案がより困難になってきています。ホスピタリティビジネスの長期的な回復には、新しいオペレーションモデルやテクノロジーの導入、安全性への配慮や消費者の関心の高まりなど、新たなトレンドを予測したデータ主導型のプランニングが必要となります。

ホスピタリティ業界の業績は市場や資産の種類に大きく依存するため、予測には個別にアプローチしていく必要があります。マーシュでは、800 名以上のホスピタリティ業に関する保険およびリスクマネジメントの専門家が、お客様がリスクを予測し管理するための保険プログラムの作成をサポートいたします。

よくある質問

ホスピタリティ業界は、数十のビジネスタイプからなる広いカテゴリーです。食事や宿泊、レジャー活動を提供するような営業形態がこのカテゴリーに該当し、具体的には以下のようなものが含まれます。

  • 宿泊施設サービス、宿泊サービス:ホテル、高級リゾートホテル、ロッジ、旅館など
  • 食事とレジャー:レストラン、バー、映画館、スパなど
  • レジャービジネス:ゴルフ場、ヨットレンタル、自転車レンタル、乗馬、スキー、遊園地、屋内ウォーターパークなど

これらのカテゴリーに関連するリスクはそれぞれ異なるため、ホスピタリティビジネスでは、ゲスト、スタッフ、および事業者の財産、収益を守るために設計された独自の補償とリスク管理戦略が有効です。

ホスピタリティ部門に属する組織は、通常のビジネス保険と同様の補償が必要です。これには、火災、盗難、破壊行為などの従来のリスク分野や、財物の物理的損害に対する保険が含まれます。

しかし、以下のような、ビジネスモデルの独自の面に対する補償も検討する必要があります。

  • 事業中断:設備の故障に対する保険は、何かが動かなくなったり、停電や嵐、自然災害に見舞われたりした場合に、できるだけ早く事業を再開するのに役立ちます。例えば、冷蔵設備が故障し、大量の食品を廃棄しなければならなくなった場合や、システムを修理し、失われた商品をできるだけ早く交換する必要がある際などです。
  • 一般賠償責任:怪我や食品汚染など、ホスピタリティビジネスの環境から起こりやすいリスク領域が含まれます。

さらに、労災、酒類の提供・販売、サイバーセキュリティなど、包括的なリスクマネジメントを考慮する必要があります。ビジネスリーダーは、自社のビジネスモデルを評価し、脆弱性の中核となる領域を把握することをお勧めします。

レジャーと商用の両方に影響する、訪問者の行動、消費力、消費者の期待の劇的な変化は、今後何年にもわたってホスピタリティ業界に影響を与えることが予想されます。

消費者の安全やリスクに対する認識が変動し続ける中、ホスピタリティ業界が直面するリスクには、他にも以下のような分野があります。

  • シェアリングエコノミー:オンライン宿泊施設の人気が高まり、大きな同業他社との競合が激化しています。市場シェアを回復するために新しいアメニティや体験型アクティビティへの投資は不可欠です。
  • 人材不足:ホスピタリティ企業は、従業員の定着率を高め、顧客が期待するサービスレベルを維持するために、賃金と労働者の満足度の問題を特定し、対処する必要があります。
  • ゲストに対応するテクノロジー:ゲストをさらに満足させるために、ホスピタリティの業務全体にテクノロジーが導入されていくでしょう。デジタルキーや客室コントロールなどの更新に加え、予約システムに対する侵害など、サイバーセキュリティの脆弱性の増加にも対処しなければなりません。

マーシュのホスピタリティ専門のスペシャリストは、お客様が業界のリスクとトレンドを分析し、脆弱性のある領域を把握するお手伝いをします。当社独自の分析を活用し、お客様のビジネス戦略に適したリスクファイナンシングとリスク軽減のためのプログラムを考案します。