鉱業

リスクを特定・管理・転嫁する保険プログラムにより、財務・事業運営自体のレジリエンス(復元力)を強化し、鉱業のライフサイクル全体を通じた事業の実現性を維持することを支援します

世界の鉱業界は、商品相場の下落や、コスト管理の問題、資金調達力の低下、地域社会および規制当局による社会・経済・環境の各方面での関与に対する期待の高まりなど、多くの課題に直面しています。一方、投資家は資本比率の高い資産とプロジェクトからの適切なリターンを確保するため、経営面での厳格さと資本規律を求めています。

鉱業界では損害が発生する回数は少ないものの、一度発生すると甚大な損害額となる可能性があります。マーシュのマイニング・プラクティスは、資金調達から鉱山の閉鎖に至る鉱業のライフサイクル全体を通じたリスクの回避や管理、転嫁を支援します。

マーシュの鉱業界リスクのスペシャリストは、鉱業・選鉱業界が直面するリスク課題を熟知しています。損害が発生する可能性とその影響を低減し、保険プログラムを効果的に設計することで財務的インパクトの最小化を目指します。

マーシュ ジャパンは、マーシュがこれまでに培ってきた鉱業界に関する専門知識を活かし、着実でコスト効率の高いリスクマネジメントと事業のレジリエンス(復元力)を強化するリスク転嫁プログラムなどを提案します。

私たちの専門性