海運

海運業特有のリスクに対峙するには ― 業界の専門知識と経験を有するリスクアドバイザーが支援します

企業間取引がグローバル化し、世界の市場の隅々まで拡大する中、海運業は新たな成長機会を得ています。その一方で、新たな課題や、予測困難なコストの発生に加え、壊滅的災害等のリスクにも常に直面晒されています。加速する変化への迅速な対応と経営効率の向上が、今一層求められています。

マーシュのマリン部門は海運業界特有のリスクと保険に関するアドバイザーとして業界を牽引しています。約600人のスペシャリストから成る世界的なサポート体制を有し、船舶保険や貨物海上保険などマリン関連の年間取扱保険料は全世界で総額約30億ドルにのぼります。マーシュ ジャパンは、マーシュのマリン部門が長年にわたり培ってきたノウハウを受け継ぎ、コスト対効果の高い保険活用ソリューションを提案します。また、お客様のリスク特性を見極めて差別化し、より適した保険条件を実現するためのアドバイスをいたします。

マーシュは業界有数のデータ量、分析技術、ベンチマーキング等をはじめとする、マリン分野のリスクに係る専門性を備えています。マーシュ ジャパンはそのデータを活用しながら、顧客のリスクの洗出しと処理する優先順位分析を行った上で、個々の財務体力に適したリスク保有と転嫁の最適なバランスを見極め、ソリューションを提案します。様々なリスク管理技術や知識を積極的に取り入れ、海運業界の顧客に特化した革新的なリスクマネジメントソリューションを開発しています。また、事故発生時にはマーシュのマリン分野のクレーム専任スタッフと連携の上、迅速な保険金支払いを実現するよう、保険金請求に関するアドバイスを行い、キャッシュフローへの影響を最小限に抑えます。

当社は、マーシュのマリン部門の様々な知識や専門性を駆使し、顧客企業のTCOR(Total Cost of Risk/リスク総コスト)の最小化を図り、企業価値の維持に向けて支援します。海運業が直面する課題の変化や、加速するグローバル化など、変わり行くビジネス環境におけるお客様の市場競争力維持をサポートいたします。

私たちの専門性