Report

世界の海事産業が直面する問題モニター2021

「世界の海事産業が直面する問題モニター2021」は、海事産業が直面している重要な問題に関する意見を注視しています。

Global Maritime Issue Monitor 2021 Report

官民の意思決定者を対象とした調査と十数名の専門家の意見によると、今後10年間で世界の海事産業に最も大きな影響を与える懸念事項として、環境問題がトップに挙げられています。

「世界の海事産業が直面する問題モニター2021」は、海事産業が直面している重要な問題に関する意見を注視しています。業界の主要なステークホルダーが、今後10年間に発生する可能性が高いと思われる懸念事項、大きな影響力を持つ可能性のある懸念事項、そして海事産業が課題に対応するための準備がどの程度整っているかについて意見を述べています。


Report

世界の海事産業が直面する問題モニター2021 レポートのダウンロード

Critical issues facing the maritime industry


対象となる主な問題


環境問題(船舶の脱化石燃料化、環境規制、気候変動の緩和と適応の失敗)は、影響度と発生確率は高いという結果となりましたが、それらに対する準備態勢では心配なほど低い評価となりました。

2020年度の調査回答者は、パンデミックを業界が最も準備できていないリスクと見なしていましたが、2021年度では業界が最も準備ができている課題として位置づけられており、これは何ヶ月にもわたる集中的な取り組みを反映しています。

また、「サイバー攻撃とデータ盗難」については、「準備不足」で2位、「発生の可能性」で3位となっており、業界の懸念が浮き彫りになっています。
本レポートでは、海事分野の規制当局が利用可能なさまざまな気候変動対策の選択肢と、それに対する業界の認識について深く掘り下げています。

貴社がこれらの問題にどの程度対応しているかをご確認ください。