メディア

メディアコンテンツは、ステークホルダーからの監視の目が厳しさを増しており賠償責任や訴訟リスクが増加しています。高度なリスク分析と戦略的な市場洞察を組み合わせることで、メディア企業がこうしたリスクやその他の課題を特定し、効果的に管理できるよう支援します。

メディア業界には、テレビ局、報道機関、コンテンツプロバイダー、映像配信会社、オンラインエンターテインメントアウトレット、ウェブサイトなど、さまざまな企業や組織が含まれます。オーナー、配信者、プロデューサー、パートナー、関連コンテンツクリエーターなど、参画する分野が異なる場合でも、メディアという事業の性質上リスクが伴います。これらのリスクは、知的財産権侵害を始めとするメディア賠償責任、サイバーセキュリティから、自然災害や社会不安、政治的事件を取材する記者、スタッフ、クルーの保護に至るまで、多岐にわたります。

マーシュが擁する世界トップクラスのメディア業界リスクマネジメントチームは、長年にわたる業界経験と豊富な専門知識を有するスペシャリストで構成されており、さまざまなメディアの分野におけるリスクの評価、分析、管理に関して、お客様をサポートします。マーシュのアプローチは、適切な保険ソリューションや包括的な危機管理計画など、お客様のニーズに合わせたテーラーメード型のリスクマネジメントプログラムの策定および高度化を支援します。

よくある質問

メディア企業は、特に、名誉毀損や中傷、知的財産権侵害、プログラミング規制違反などの訴訟を受ける可能性が高いです。弁護士の確保に加え、このような申し立てに対する自社の弁護には多額の費用がかかることがあり、その額が数千万ドルに及ぶことも珍しくありません。

財務上の損失を適切にカバーするために、お客様ならびにお客様が契約する広告代理店、制作者、作家、出版業者、放送局、ブロガー、ソーシャルメディアのインフルエンサーなどを対象に、それぞれのリスクや必要性に応じて個別に設計された、幅広い補償を提供するメディア賠償保険への加入を推奨します。

メディア賠償保険は、メディア企業向けに個別設計された、エラーズ・アンド・オミッション(E&O)保険の一種です。銀行や金融機関などで見られる E&O 保険とは異なり、メディア賠償保険は、名誉毀損、プライバシー侵害、著作権侵害、盗作、故意性のある不法行為などの申し立てに対して、メディア企業をファイナンスの観点からプロテクションします。

メディア賠償保険は一般的に、作家や出版社(オンラインブロガーやソーシャルメディアのインフルエンサーを含む)、放送局、広告代理店などの、メディアコンテンツ作成・配信会社が補償の対象となります。新聞、テレビのニュース番組、ポッドキャスト、Facebook、Instagram、TikTok、Twitter など今日において主な情報発信源となり得る幅広い情報プラットフォームで発生が想定される賠償責任から、メディアの専門家を適切に補償するようにカスタマイズが可能です。

メディア企業の事業形態によっては、その他にも検討を要する保険が多数あります。これには、財物保険、一般賠償責任保険、アンブレラ、エクセス保険、テクノロジーE&O保険、通勤および移動中のリスク(従業員が取材やイベントのために移動する際のリスク)を対象とした保険、商用自動車保険、労働者災害補償(該当する場合)が含まれます。海外に出張する従業員に関連するリスクには、海外でも補償される傷害保険等の手配が必要な場合もあります。

メディアコンテンツはその性質上、非常に多様であり、マーシュなど信頼できるアドバイザーの協力を得て客観的にリスクを把握し、それらを管理するための計画を策定することが非常に重要です。

経験豊富なリスクマネジメントアドバイザーのサポートにより、メディア企業は、経済的に壊滅的な打撃や、多大な風評被害につながる可能性のある想定外の状況から防御することが可能となります。メディア企業のリスクマネージャーは、業界に関する豊富な最新の知識のみならず、経営陣、出資者、顧客に代わって、情報のネットワークを常に構築しておくことが求められます。 メディア業界は急速に進化しているため、業界のトレンドに精通しており、以前は認識されていなかったリスクや、より効率的なリスク管理手法を熟知しているマーシュのようなアドバイザーの意見を取り入れることは、益々重要になってきています。