報告書

グローバルリスク報告書2021年版

新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)から得た教訓や過去のリスク分析による知見をもとに、今こそレジリエンス(復元力)を高め、革新的かつ協調的なアプローチが求められています。

マーシュ・マクレナンの協力の下、世界経済フォーラムが発行したグローバルリスク報告書(第16版)では、2021年そして今後10年間の世界を形作る可能性のあるCOVID-19によるパンデミックを含む主要リスクの破壊的な影響について警鐘を鳴らしています。

本報告書は、世界中の約700名の専門家や意思決定者を対象にした調査結果に基づいて作成されました。今後10年のグローバルリスクがどのように相互に影響し合うのか、またこれらの脅威を軽減するために協働できる機会はどこにあるのかを紐解いています。

報告

グローバルリスク報告書 2021年版

グローバルリスク報告書(第16版)はマーシュ・マクレナンの協力の下、世界経済フォーラムから発行されました。

以前のレポート