ニュースレター

保険を活用したリスクマネジメント実践のポイント Vol.1

リスクマネジメントの高度化が求められる日本企業

1996年の損害保険料率の自由化以降、保険会社間の競争が激しくなり、地震リスクやサイバーリスクなど、それまで保険手配できなかった多くのリスクが保険化できるようになりました。企業は自社が抱えるリスクを細かく分析したうえで、より高度なリスクマネジメント施策が必要になっています。特に海外進出に伴い、外国人株主比率が高くなった企業は十分なリスクマネジメントを要求する外国人株主に向けた対策が必須です。

また海外企業をM&Aで取得した場合、それまで売主が加入していた保険を引き継げないケースもあります。それには、全世界のグループ法人が包括的にカバーされる「グローバル保険プログラム」の導入が有効な手段となります。

Vol. 1 は「リスクマネジメントの高度化が求められる日本企業」と題し、地震に対するリスクなどを例に国内外の企業のリスクマネジメントの状況をまとめております。本資料をご希望の方は、以下よりダウンロードできます。