サプライチェーンリスクマネジメント(SCRM)

マーシュのサプライチェーンリスクマネジメント(Supply Chain Risk Management/SCRM)部門は、サプライチェーンが晒されているリスクの総合的なレビューを行います。まず、モノ、情報、サービスの連関をマッピングし、重要な機能、業務プロセス、サービスを把握します。そして、サプライチェーンの破断が事業全体に大きな影響を与えかねないポイントを明らかにします。また、マーシュの自然災害リスクデータベースを利用して、サプライヤーの自然災害リスク情報を含めることも可能です。