Report

キャプティブ・ランドスケープ・レポート2021:キャプティブの設立数が約2倍に

1,300社以上のキャプティブがどのようにビジネス課題の解決に貢献しているか、また、2020年にキャプティブの設立数が約2倍になった理由を解説します。

1,300社以上のキャプティブがどのようにビジネス課題の解決に貢献しているか、また、2020年にキャプティブの設立数が約2倍になった理由を解説します。

市場課題の克服から、環境・社会・ガバナンス(ESG)リスクへの対応まで、キャプティブは革新的な方法で活用されています。
キャプティブ・ランドスケープレポートのダウンロードをご希望の場合はフォームに必要事項をご記入ください。

キャプティブ戦略における優先順位付け、将来の計画、トータルリスクコストの削減に必要な最新の統計、トレンド、洞察をご覧いただけます。

レポートの内容は?

  1. なぜ市場が厳しい中、キャプティブは成長したのか?
    数多くの要因が、2020年のほぼすべての分野での成長を後押ししました。

  2. 昨年、最も成長したキャプティブのストラクチャーと補償内容の種類は?
    キャプティブの総数、全体の正味引受保険料、特定のタイプのキャプティブのストラクチャー(セルキャプティブ等)、第三者リスクの引受保険料、キャプティブ親会社の所在する地域など、キャプティブのトレンドをご覧いただけます。

  3. D&O保険に関する問題の解決にキャプティブはどのように役立つのか?
    保険料が高騰し、キャパシティが縮小、免責金額を上げざるを得ず、補償条件も厳しくなる中、官民問わず、企業はD&Oの保険更改が難しくなっています。キャパシティや保険料の問題に直面している親会社を、キャプティブがどのように支援するのかを解説します。

  4. どのような新しいキャプティブの引受保険種目やリスクがあるか?
    正味収入保険料が急激に増加した非伝統的な保険種目を確認してみましょう。

  5. 大企業はどのようにしてキャプティブを活用しているのか?
    大企業がどのようにして複数の保険種目にキャプティブを活用し、アンダーライティング収入を得て、トータルリスクコストを削減しているかを見てみましょう。

  6. ESGの取り組みを強化するために、キャプティブはどのような役割を果たすことができるのか?
    多くの企業は、日々の業務の中でESGの課題に注意を払っています。ESGへの取り組みを促進・強化するために、キャプティブがどのような役割を果たしているのかをご紹介します。

  7. キャプティブ所有者の今後の展望は?
    常に新しいリスクが出現していますが、キャプティブはそのリスクに対処するための効果的な方法です。当社の専門家が、キャプティブ所有者がどのように次の事態に備えるべきかを説明します。