保険数理サービス

保険数理は、キャプティブの運営になくてはならない存在であり、以下のような問題を評価することによってキャプティブの長期的な運営を支えます。

  • 支払準備金の証明
  • 損失準備金の積立てと取崩しの予想
  • リスク保有の最適化
  • 保険料の按分
  • 親会社が自己保有する債務の分析

また、保険数理は、監査人や保険会社、保険監督当局など、他のキャプティブ保険関係者とのコミュニケーションを支援します。

マーシュのマーシュ キャプティブ ソリューション部門のアクチュアリーグループには、アクチュアリー有資格者のほか、サポート役を務める保険数理アナリストが所属しています。世界の多くのドミサイルでキャプティブや自家保険プログラムに専任で助言しています。

※本サービスは日本では、マーシュ ブローカー ジャパンが提供します。