Article

ESGリスクレーティング

マーシュが開発したESGリスクレーティングは、企業の環境、社会、ガバナンスのパフォーマンスを測定し、ESGリスクの改善への手立てを探り、より効果的なリスクマネジメントと保険手配を支援する自己評価システムです。

ESGリスクレーティングとは?

マーシュが開発したESGリスクレーティングは、企業の環境、社会、ガバナンスのパフォーマンスを測定し、ESGリスクの改善への手立てを探り、より効果的なリスクマネジメントと保険手配を支援する自己評価システムです。

ESGリスクレーティングは、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)、グローバル・リポーティング・イニシアチブ(GRI)、EUタクソノミーなど、国際的な10以上の基準や枠組みに基づいて測定され、18のESGテーマにわたって企業のパフォーマンスを点数化します。本レーティングサービスは無料で、以下を提供します。

  1. 10点満点で評価する総合的なESGリスクスコア
  2. 各ESG構成要素のリスクレーティング
  3. 18のテーマについて点数化
  4. リスク評価と、統制、報告、レジリエンスに関する推奨事項

なぜESGリスクレーティングを実施するのか?

ESGをより浸透させるよことにより、既にESGを取り入れている組織の競争優位性を高めるケースが増えています。ESG リスクレーティングは、ESG パフォーマンスの更なる理解、より多くの情報に基づく投資決定に向けた判断材料、そしてリスク管理の取組みによる成果を得るための明確な枠組みを提供します。

ESGリスクレーティング結果の活用方法

ESGリスクレーティングの結果をもとに、各企業特有の持続可能性や気候変動に関連する最も重要なリスクと機会を特定することができます。さらに当社のリスクアドバイザーのノウハウを活用いただく事によって、ESG戦略を強化することが出来ます。また、ESGリスクへの関心と懸念を深めるステークホルダーに指標として提示することも可能です。

ESGリスクレーティング(無料)をご希望の方は、フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

Related articles