建設工事保険市場の最新情報

建設工事保険市場は、過去10年以上にわたって保険料は概ね安定または低い水準で推移してきましたが、緩やかな上昇に転じつつあります。その要因として、以下が挙げられます。

  • アンダーライターの嗜好の変化
  • 建設工事保険に強い保険会社のキャパシティ減少
  • 相次ぐ損失
  • 保険市場の概況

アジア域内

  • アジア域内においては、2018年末に建設業界向けの保険料が上昇し始め、ソフトマーケットが長く続いた後、数か月後に引受条件が変更されました
  • 多くの企業は、このような市場の変化がこれほど早く起こるとは予想しておらず、引受条件を満たしたとしても、契約書に記載された保険条件と保険市場にて手配できる保険条件の格差に直面しました 
  • 引き受け基準が厳しくなったことにより、アンダーライターは各契約者の経験や評判を考慮して引受判断を行っています 
  • 上記がアジア市場の概況となりますが、プロジェクトに中国、韓国、日本の関係者が関与している場合には、状況が異なることがあります
  • 小規模で複雑ではない保険プログラムにおいては、現地の保険会社に十分なキャパシティがあれば、一般的に競争力のある条件を引き出すことが可能です

本資料では、YCウォン(コンストラクションプレースメント担当リージョナル・ディレクター)とアリスター・アークハート(コンストラクションプレースメント・グローバル・ヘッド)が、アジア域内および世界の建設業界が直面する保険市場の動向を分析した上で、起こり得る変化を想定し、市場の変化による影響を最小限に抑えるために企業ができることは何かについて説明しています。

建設工事保険市場に関するより詳細な分析について、本資料の日本語版ご希望の方はお問い合わせフォームよりお申込みください。

Placeholder for editing the content for: marsh/components/content/rightrailtext

Subscribe to Construction Insights