お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X

アナリティクス

データ、アナリティクス、テクノロジーを組み合わせることにより、リスクに対するビジネス上の意思決定や全社的な目標の一元化に功を奏す包括的なアプローチが可能になります。

世界中の企業が、将来の事業目標に重大なインパクトを与える可能性のある複雑なリスクの影響を感じています。変化の激しい環境の中で、ビジネスリーダーには、リスク管理や、資本配分、さらには成果を達成するために、過去の分析に基づく見解や、より精緻な分析が求められています。そのためには先を読む力が必要なのです。

マーシュ・グローバルが展開するマーシュグローバルアナリティクスは、データ、分析、テクノロジーを組み合わせて活用することにより、お客さまの企業規模を問わず、あらゆる業界で、リスクファイナンスの定量化と管理を実現しています。

マーシュ・グローバルは、保険金請求、エクスポージャー(リスクに晒された状況)保険を活用したリスクソリューションに関して、さまざまな業種、企業規模、(地理的)地域、製品を網羅するデータを有しています。そのデータを活用することにより、将来を見据えた包括的な設計を行います。そして、状況に応じて臨機応変に、リスクファイナンスのオプションを探り、最適のリスクファイナンス・ストラクチャーを決定し、リスクを軽減するための投資を実行することができるようになります。

マーシュ ジャパンは、マーシュアナリティクスプラットフォーム(Marsh Analytics Platform/MAP)を通じて、先進的な分析内容を提供します。MAPは、リスクの予測とお客さまそれぞれに合わせて構築された財務状況の表示を一体化して、保険対応が可能なリスクと保険ではカバーできないリスクの双方の分析と測定を可能にします。

メリット:確信の持てる戦略的なビジネス上の意思決定と、資本の最適化を実現することで、新たな機会を創出し、事業の成長を図ることができます。

マーシュアナリティクスプラットフォーム(MAP)

マーシュアナリティティクスプラットフォーム(MAP)から得た知見を生かして、リスクを包括的に捉えることができれば、確信を持って戦略プランを遂行することが可能になります。MAPは、リスクファイナンスのオプションを状況に応じて検討するのに有効です。いくつかのステップで構成されるMAPのプロセスは、以下のメリットをもたらします。

• 保険金請求、エクスポージャー(リスクに晒された状況)、保険を活用したリスクソリューションに関するマーシュ・グローバルの豊富なデータ(さまざまな業界、企業規模、(地理的)地域、製品を網羅する)を利用したリスクに対する予見力や先見性。その結果、将来の損害の可能性とボラティリティを明確にし、確かな情報に基づいた把握が可能
• 損害モデリングと損益計算書・貸借対照表に影響する主要な要因の分析を一体化した、顧客仕様の表示により、自社の資本ポジションに照らしてリスク許容度とリスク選好度の評価が可能
• リスクの経済コスト(economic cost of risk: ECOR)の可視化を通じて、最適なリスクファイナンス構造やリスク軽減のための投資に関する十分な情報を踏まえた意思決定

グローバル損害データライブラリー(Global Loss Data Library: LDL)

業界最大クラスの保険金請求データベースを活用することにより、「予想される損失がどの程度か」という疑問に応えることができます。マーシュ・グローバル損害データライブラリーは、保険金請求額に置き換えると、総額3千億米ドル以上に相当するデータとなります。世界数十カ国、20を超える業界の損害データが保管されたデータベースは、現在のリスクと新たなトレンドの網羅的な全体像を提示します。

経済価値ベース トータルリスクコスト(Economic Cost of Risk:ECOR)

従来のリスク測定指標であるトータルリスクコスト(total cost of risk: TCOR)は多くの場合、保険料と保有損害額の合計を計算するだけで、毎年の損害の変動を考慮に入れていません。しかし、現代のリスク環境においては、経営陣はこのボラティリティを理解し、考慮に入れる必要があります。マーシュ・グローバルが考えるECORとは、従来のTCOR算定式にインプライドリスクチャージ(Implied risk charge: IRC)*を加えてボラティリティを測定します。IRCとは、リスク変動性と資本コストを組み合わせによって各企業に固有のボラティリティコストとして算出した値です。ECORの分析的枠組みは、リスクマネジメントに関する意思決定と財務計画を統合する役割を果たします。

*リスクのボラティリティと資本コストの組み合わせによって各企業に固有のボラティリティのコストを算出した値(経済価値)。

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。