お使いのブラウザーはサポートされていません。

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

X
2020/03/31 |

【マーシュ/エコノミスト】 4月1日開催 緊急オンラインセミナー:新型コロナウイルス(COVID-19)対策:レジリエンスを高めるために

火曜日, 2020/03/31 | 11:00 AM to 11:45 AM JDT



 


4月1日(水)午前11時より、エコノミスト主催の緊急オンラインセミナー「東京における新型コロナウイルス(COVID-19)特有のリスクに対する企業の復元力を拡大する」にマーシュブローカージャパンのリスクコンサルタントが登壇し、パンデミックリスクに直面する企業の事業継続計画に焦点を当ててお話することになりました。
急なご案内で大変恐縮ですが、パンデミックリスクに対して取るべき対策の策定の一助となれば大変幸甚です。

本オンラインセミナーは英語で行われます。

ご登録はこちらよりお願いいたします。
(エコノミスト社のオンラインセミナー登録フォームにジャンプします)

 

【オンラインセミナー概要】

開催日時:  2020年4月1日午前11時~11時40分(予定)

内容:

2011年の東日本大震災を経験した日本では、事業継続計画(BCP)の策定は必須項目の一つであることは言うまでもありません。しかしながら、個々にリスクにはそれぞれ特有の課題があり、新型コロナウイルスとて例外ではありません。リスクは不確実性が高く、私たちが公共政策立案者に期待する対応も確実ではないこともあり得るのです。
マーシュのBCPのスペシャリストと共に、よりよい計画の策定によってどのようにして事業、オペレーションのレジリエンスを拡大できるかについて議論をいたします。

スピーカー:

マーシュブローカージャパン株式会社 
シニアバイスプレジデント ジャパンプラクティスリーダー 
マーシュリスクコンサルティング
小森園 孝輔 

マーシュブローカージャパン株式会社 
バイスプレジデント マーシュリスクコンサルティング シニアコンサルタント 
今野 裕規

モデレータ:

ザ・エコノミスト・コーポレートネットワーク ディレクター、
コーポレートネットワーク・北東アジア
大久保 琢史氏


 

別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。

これより先は別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続します。
接続する場合は「別法人のサイト(外国のサイトを含みます)へ接続する」を、接続しないでこのメッセージを閉じる場合は「このページにとどまる」をクリックして下さい。